• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報
 

水槽のメンテナンス 水槽の掃除

製品情報検索

水槽の水替えは、水槽全体の1/3を目安に、定期的に行いましょう。それでも、コケや残ったフード、魚のフンなどが蓄積してくると、次第に水槽は汚れてきます。良好な水質と観賞環境を維持するためにも、水槽の掃除はこまめに行いましょう。

水槽掃除の手順

水槽掃除の手順

  1. ろ過器、ヒーターなどの器具の電源を切ります(コンセントを抜く)。
  2. 水槽の内側についたコケを取り除きます。
  3. 水草が伸び過ぎている場合は、茂り過ぎた部分や若枝を刈り込みます(トリミング)。
  4. 底に溜まったコ ケやゴミを吸い出しながら、水槽の1/4〜1/3程度の水を抜きます。
  5. カルキ抜きや水質調整剤を適量加えた水を用意し、あらかじめ水温を調節してから水槽に入れます。
  6. ろ過器、ヒーターなどの電源を入れます(コンセントを入れる)。
  7. 照明器具や水槽フタ、水槽の外側も、よく絞った雑巾などできれいに拭きましょう。

ワンタッチフィルターの掃除

バイオバッグを交換する

バイオバッグはこれほど汚れる前に交換しよう。

バイオバッグはこれほど汚れる前に交換しよう。

テトラ ワンタッチフィルター」には、「バイオバッグ」「バイオバッグジュニア」という専用のろ材が使われています。これは、物理ろ過でゴミなどをこしとりながら、生物ろ過のバクテリアを繁殖させる場所であり、中には吸着ろ過を行うための活性炭が入っています。「バイオバッグ」「バイオバッグジュニア」は、3〜4週間に1度を目安に、新しいものと交換しましょう。「バイオバッグ」「バイオバッグジュニア」を交換したときは、ワンタッチフィルター本体は洗わないでください。本体の内側には生物ろ過を行うバクテリアが付着繁殖しています。本体を洗う場合は、「バイオバッグ
バイオバッグジュニア」の交換を1週間ほど遅らせるようにしましょう。

インペラーを掃除する

水槽内の変化をチェック

ワンタッチフィルターのインペラーが汚れると、水の流量が減少したり、インペラーがロックして停止してしまうことがあります。こうした事故を防ぐために、1カ月に1度はインペラーをはずして、ワンタッチフィルターブラシなどで汚れを落としましょう。

※画像
汚れたインペラー。
インペラーが汚れると水の流量が減少するなど、悪影響が生じる。

水草を育てる為に

バイオバッグジュニア

バイオバッグジュニア

AT-Mini、AT-20、AT-30、OT-30、OT-30Plus、IN-30、RF-60、HM-40LS用交換ろ材

バイオバッグ

バイオバッグ

OT-45、OT-60、OT-W、AT-50、AT-60、AT-75W、スマートフィルター用交換ろ材

テトラ ワンタッチフィルター洗浄用ブラシ

テトラ ワンタッチフィルター洗浄用ブラシ

ワンタッチフィルター洗浄用ブラシ

テトラ アクアワイパー

テトラ アクアワイパー

ウェットタイプの水槽クリーニング用ワイパーシート

観賞魚と飼育の情報

製品情報

サポート情報

キャンペーン

aqua公式Facebookページ