• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報
 

成長に合わせた飼育方法

製品情報検索

カメのフードは栄養バランスが大切!

小ガメを買ってきたら、まずは水槽で飼育してみてください。水槽飼育では、水中をアクティブに動き回る姿を観察することができるでしょう。のんびりと暮らすカメのイメージとは全然違う様子を見ると、カメ飼育の楽しさも倍増です。
やがて順調に成長すると、小さな水槽では手狭になってくるかもしれません。そのような場合はホームセンターなどで販売されている「タライ」を利用する方法もあります。サイズのわりに軽量でいろいろな種類があり、排水栓付きのタイプもあります。屋外利用を考慮されているため紫外線に対してもある程度の耐久性があるようです。衣装ケースを使う例もあるようですが、紫外線に弱く簡単に破損してしまうため屋外での使用は避けましょう。
屋外飼育では日光浴がしやすい反面、夏場は暑くなりすぎる場合があるので適度に「よしず」や「すだれ」などで遮光してください。

水槽飼育例

テトラ タートルセットミニ(PL-32TT)を用いた飼育例です。水槽で飼うとカメの面白い行動が観察できます。

タライ飼育例

陸場にはガーデニング用のログフェンスを使用しました。レンガや石より軽量なので扱いが楽です。

タライの加工

雨の入る場所では、排水栓のサイズに合う塩ビ管で加工(水位が塩ビ管より高くなると排水される仕組み)しておきます。

カメの飼育水について

飼育水はカメの飲み水でもあり、生活の多くの時間を過ごす場所でもあります。汚れがひどくなる前に水替えをするだけではなく、水道水の有害な成分を中和するなどして、居心地のいい飼育水をつくってあげましょう。

水道水のカルキ(塩素)を中和する

水棲のカメには皮膚が敏感な個体もいますので、水道水のカルキ(塩素)を中和しましょう。テトラ レプトセイフはカルキ(塩素)の中和はもちろん、重金属(銅、カドミウムなど)を無害化し、強力コロイドがカメの皮膚を保護するため皮膚病の発生しにくい水質に調整します。

テトラ レプトセイフ

テトラ レプトセイフ

かめを守る水つくり。かめ(ミドリガメ、ゼニガメ等の水棲かめ)の水槽設置時・水替え時に使用する水質調整剤。

詳しくはこちら

飼育水をきれいに保つ

カメの飼育水はすぐに汚れてしまい、ニオイが気になることがあります。テトラ レプトフレッシュは飼育水のニオイの元となる成分に対し有機的な分解、消臭作用を促進させます。また飼育水の酸素濃度を上げて、透明でクリーンな水にします。飼育環境にもよりますが、急速な水質悪化を抑制する便利な水質調整剤です。

テトラ レプトフレッシュ

テトラ レプトフレッシュ

ミドリガメ、ゼニガメ等の水棲かめの飼育水の気になるにおいを抑える水質調整剤。

詳しくはこちら

観賞魚と飼育の情報

製品情報

サポート情報

キャンペーン

aqua公式Facebookページ