水槽セット直後の注意点

記事の内容は記事公開時点での情報となります。
閲覧頂いた時点では商品情報などが異なる可能性がございますのでご注意ください。

Q.水が白くにごってしまうのはなぜ?

A. フィルターのろ過能力が不足しています

白にごりのおもな原因は、フィルターのろ過バクテリアが不足しているときに、水の汚れで大量発生した微生物が水中に舞ってしまうためです。
そのため、水槽をセットして日が浅かったり、フードのあげすぎや水換え不足、ろ材の目詰まりなどで、フィルターがちゃんと働いていないと起こりやすくなります。

対策

水槽セット直後は、フードを与えすぎないよう注意してください。

水槽を新しくセットした時や、ろ過器を掃除した後は、ろ過バクテリアが十分に活動していないので与えるフードの量を調節します。
さらに、フードの食べのこしが水に溶けたり、消化の悪いフードを食べた後のフンも、水が濁る原因になります。魚がよく食べ消化の良いフードを、食べ残さない程度に与えることが大切です。

1.白にごりした水槽は、まず水を換えましょう

2.ブクブク(エアレーション)をして酸素を送り込むのも、白にごり対策に効果があります

3.消化の良いフード(テトラミン)を与えることで、水が濁りにくくなります

1.白にごりした水槽は、まず水を換えましょう

2.ブクブク(エアレーション)をして酸素を送り込むのも、白にごり対策に効果があります

3.消化の良いフード(テトラミン)を与えることで、水が濁りにくくなります

ろ過器のろ材が汚れていたらバイオバッグJr/バイオバッグを交換します

ろ材(バイオバッグなど)が汚れてつまってくると、十分にろ過が働かず、白にごりしやすくなります。こうなる前にバイオバッグJr/バイオバッグを交換しましょう。新しいバイオバッグJr/バイオバッグがにごりの成分を吸着し、水をクリアにしてくれます。また、バイオバッグJr/バイオバッグを交換する前に、水換えをしてにごりを取り除いておくと、さらに効果的です。

バイオバッグJr/バイオバッグは定期的に新しいものと交換すると、高いろ過能力を保つことができます

新品のバイオバッグJr/バイオバッグ(左)と1ヵ月ほど使用したもの(右)

バイオバッグJr/バイオバッグは定期的に新しいものと交換すると、高いろ過能力を保つことができます

新品のバイオバッグJr/バイオバッグ(左)と1ヵ月ほど使用したもの(右)