• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報

川魚の仲間

観賞魚と飼育の情報検索

名前 メダカ
特徴 原種のメダカ(クロメダカ)をはじめ、ヒメダカ、楊貴妃(ようきひ)、光メダカ、幹之(みゆき)メダカなどの改良品種も多く人気がある。
フード
名前 キンブナ
特徴 成長しても15cm程度と、日本産のフナ類の中では最も小型でポピュラーな種。なんでもよく食べ飼いやすい。
フード
名前 タイリクバラタナゴ
特徴 朝鮮半島原産のため日本産淡水魚ではないが、今日ではもっとも多く見かけるタナゴとなっている。オスはきれいな体色(婚姻色)になる。
フード
名前 シマドジョウ
特徴 模様の美しさから、ドジョウの中でも特に人気の高い種。よく見ると、一匹ごとに模様が違っていてコレクションしても楽しい。
フード
名前 モツゴ
特徴 クチボソとも呼ばれ、都心部の公園の池などにも多く見られる。派手さはないが繁殖期のオスには渋い美しさがある。
フード
名前 オイカワ
特徴 清流に多く生息している川魚の代表種。特に夏場、繁殖期のオスの婚姻色の美しさは日本産淡水魚の中でもトップクラス。
フード
名前 ウグイ
特徴 食用にもされる川魚。河川の上流~河口まで広く棲息しており、降海性と純淡水性の2タイプが知られている。
フード
名前 ヌマムツ
特徴 中~下流に生息する15cmほどの淡水魚。よく似た魚にカワムツがいる。丈夫で飼育しやすい。
フード
名前 ヨシノボリ
特徴 小型で美しいハゼの仲間。縄張り意識が強く同種間ではケンカすることも多い。石や土管のようなレイアウトグッズを隠れ家として用意してあげよう。
フード
名前 ナマズ
特徴 他の川魚やカエルなどを食べる肉食性の淡水魚。主に夜行性でヒゲを触角のように使い獲物を探す。
フード
名前 ヒメダカ
特徴 よく飼育されている、黄色い体をしたクロメダカの改良品種(人間が改良してつくったもの)です。たいていのペットショップで見られ、飼いやすいのが特徴です。江戸時代にはすでに飼われていたことが知られています
フード
名前 クロメダカ
特徴 自然の川や田んぼにいる、野生のメダカをこう呼びます。最近ではあまり見かけなくなりましたが、灰色がかった体をしているので「黒メダカ」の名で呼ばれますが、本当に黒みの強いメダカ(改良品種)もいます
フード
名前 シロメダカ
特徴 全身が真っ白の改良品種です。よく見ると色の薄いものや濃いものなどのバリエーションがあるので、観察してみるのも楽しいでしょう。水槽で飼ってもきれいですが、屋外の鉢などに泳がせるとよく目立ち、とても見栄えがします
フード
名前 アオメダカ
特徴 淡く青みのある体をしたメダカの改良品種です。上から見ると、青みがかっている体色がよくわかります。見る角度や光の当たり方によって、微妙な色みの変化が楽しめるでしょう
フード
名前 だるまメダカ(ちぢみメダカ)
特徴 丸くずんぐりとした、かわいらしいメダカです。この姿は、背骨が変化して体が短くなったためです。シロメダカやヒメダカなど、いろいろなメダカでだるまタイプがいます。ちぢみなどの名前でも呼ばれます。
フード
名前 楊貴妃(楊貴妃)メダカ
特徴 最近見かけるようになった改良品種です。黄色みがあってヒメダカに似ていますが、ヒレや体に赤みが強く出るのが特徴です。大きくなるにしたがって、赤みは強くなります
フード
名前 バンダスケルトンメダカ
特徴 普通のメダカでは白目の部分が、このメダカでは黒くなっていて、パンダのようなかわいらしい姿をしています。
フード
名前 アルビノメダカ
特徴 赤い目をしたメダカです。これは、生まれつき体の色素を持たないためです。視力が弱いので、他のメダカとは分けて飼ってあげましょう。体が白いものと黄色いものがいます
フード
名前 スケルトンメダカ
特徴 ウロコに色が乗っていないので、体が透けているメダカです。目の後ろが赤いのは、エラの赤みが透けて見えているからです。透明鱗(とうめいりん)とも呼ばれます
フード
名前 光メダカ
特徴 背中が光っていて、よく目立ちます。お腹側の特徴が背中にも出ているので、背中に大きなヒレがあったり、尾ビレがヒシ形だったりと変わった姿をしているのが特徴です
フード
名前 出目メダカ
特徴 金魚のデメキンのように、目が大きく飛び出した、とても変わったメダカです。最近になって登場したニューフェイスです
フード
名前 銀河メダカ
特徴 体じゅうがキラキラと輝いてみえる、とてもきれいなメダカです。こちらも最近見られるようになりました。写真は銀河メダカの光タイプ
フード
aqua公式Facebookページ