• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報

キンチャクダイの仲間

観賞魚と飼育の情報検索

名前 アブラヤッコ
特徴 体側の斑点を鍵穴に見立てて英名では“キーホールエンゼル”とも呼ばれる。シックな色調が意外に際だつ。
成魚の平均サイズ 約 10 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 アラビアンエンゼルフィッシュ
特徴 最近やや価格が安定したが、高価、かつ美しいことから愛好家の間では“紅海の王”としてあこがれの種となっている。比較的丈夫。
成魚の平均サイズ 約 35 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 キングエンゼルフィッシュ
特徴 カリブ原産のクイーンエンゼルと対でこの英名が冠せられたとも言われるが、日本の愛好家の間では“パッサーエンゼル”と呼ばれることも多い。
成魚の平均サイズ 約 25 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 クイーンエンゼルフィッシュ
特徴 本種に酷似したブルーエンゼルフィッシュとの自然交雑が知られており、そのような個体は“タウンゼントエンゼルフィッシュ”とも呼ばれる。
成魚の平均サイズ 約 30 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 グレイエンゼルフィッシュ
特徴 酷似したフレンチエンゼルフィッシュが存在する。特に幼時の両種の判別は難しいが、吻部のストライプや尾鰭の模様などにより識別できる
成魚の平均サイズ 約 25 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 タテジマキンチャクダイ
特徴 成魚と幼魚では色彩がまったく異なり、幼魚はその模様から愛好家の間では“ウズマキ”の通称で知られる。
成魚の平均サイズ 約 30 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 タテジマヤッコ
特徴 雌雄の性差で体格と色彩が異なる。闘争により美しく伸びた尾鰭の条を切られることがあるので注意したい。
成魚の平均サイズ 約 20 cm
混育情報 穏和な魚種との混育。
フード
名前 チリメンヤッコ
特徴 上品な色彩から中級以上の愛好家に人気が高い。性格的にややデリケートなので混育する魚種と水質には十分注意したい。
成魚の平均サイズ 約 15 cm
混育情報 穏和な魚種との混育。
フード
名前 フレイムエンゼルフィッシュ
特徴 “炎(フレイム)”の名に相応しい色彩で人気が高い。丈夫でフード付きもよいため初心者でも十分に飼育可能だが、やや高価なのが残念。
成魚の平均サイズ 約 8 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 ルリヤッコ
特徴 色彩の個体差が著しく、まるで別種のように見える個体も存在する。この仲間としては性格が強く同種間、同属間では激しく闘争する。
成魚の平均サイズ 約 12 cm
混育情報 原則として1水槽に同種は1尾のみ。
フード
名前 フレームエンゼル
特徴 赤い燃えるような体色をした小型ヤッコの仲間です。やや気が強いので、他の魚をいじめていないか気をつけましょう。
成魚の平均サイズ 約10cm
フード
名前 ソメワケヤッコ
特徴 体の真ん中で、黄色と紺にくっきりと染め分けられた、小型ヤッコです。流通量は多く、入手しやすいでしょう。
成魚の平均サイズ 約6cm
フード
aqua公式Facebookページ