• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報
 

インフォメーション一覧

製品情報検索

インフォメーション一覧

地震などを原因とする停電時の観賞魚用品、水槽、電気器具対策について

2016年熊本地震で被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

 

この度の地震や停電により観賞魚関連製品、水槽及び水槽周辺電気器具などに損傷や不具合が発生している恐れがございますので点検や作動確認を必ず実施いただきますようお願い申し上げます。

以下に、地震に伴う停電における水槽及び水槽周辺電気器具の対処方法をまとめましたのでご参考にして頂きたくお願い致します。

なお、余震や地震の兆候が収まるまでは、水槽及び水槽周辺電気器具の安全には十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。

 

●水槽について

地震発生時のゆれにより、水槽がひび割れたり、倒れたりする場合があります。

地震や余震発生時には水槽の側から離れてください。

大きな地震が発生した場合、余震が続くことが考えらえます。

いったんゆれがおさまった後に、水槽の水位を減らしてください。

※水槽上面をラップで覆うことにより、水のこぼれを防ぐことができます。

水位を減らす際は、ヒーターが水面から露出しないよう行ってください。

地震の揺れにより水槽及び水槽台が移動したり、大量の水があふれたことにより破損している場合があります。破損と水漏れの有無をご確認ください。

 

●ヒーターについて

水槽のひび割れ等により、水位が低下してヒーターが水面から飛び出していないかご確認ください。

ヒーターは必ず 水槽内の水中にセットしてください。

また、停電時は必ず電源を抜いて下さい。

※水中にセットされていない状態でコンセントが入っていた場合、停電復旧後、通電し思わぬ火災の原因になる恐れがあります。

また、水槽から取り出す場合は、コンセントを差込プラグから抜いて10分以上水中に置いた後に取り出して下さい。

・停電復旧後は、必ず動作確認を実施してください。

 

●停電による保温器具が停止した場合の水温について

1.熱帯魚飼育の場合、停電により保温が出来なくなります。水槽の水温低下を避けるために下記対処法を実施ください。

・水槽をテトラ断熱シート、発泡スチロール、エアーパッキン等で覆うと水温の低下がある程度防げます。

・水槽に蓋をして外気温の影響を出来るだけさけてください。

・室温の高い部屋に水槽を移動する。(移動時の事故 破損にご注意ください)

(注意)

・停電により水温が低下した場合、水温の急変は魚に大きなダメージを与えますので水温を急激に上昇させないようにしてください。

 

●フィルターについて

1.「テトラオートワンタッチフィルター ATシリーズ」「オートパワーフィルター AXシリーズ」ご使用のお客様

・停電時は、フィルターの電源は予めコンセントから抜いて置いてください。

・モーターに記載されています最低水位線以上に水槽に水が入っている場合は、コンセントを差し込むと自動的に吸水作動いたします。

※フィルター・ろ材等汚れが激しい場合は、予め水槽の水をバケツにとり洗浄してください。

汚れが激しいと汚れにより再始動が阻害される事があります。

 

2.「テトラワンタッチフイルター OTシリーズ」ご使用のお客様

・停電時は、フィルターの電源は予めコンセントから抜いて置いてください。

OTシリーズはモーターが停止しますとろ過槽内の水位が低下し吸水できなくなります。

 再始動時は、ろ過槽に水(呼び水)を入れ再始動させてください。

・フィルターの作動を必ず確認してください。

※フィルター・ろ材等汚れが激しい場合は、予め水槽の水をバケツにとり洗浄してください。汚れが激しいと、汚れにより再始動が阻害されることがあります。

 

3.「バリューエックスパワーフィルターVXシリーズ」「プレミアムVXパワーシリーズ」「ユーロエックスパワーフィルターシリーズ」「エックスパワーフィルターシリーズ」ご使用のお客様

・停電時は、フィルターの電源は予めコンセントから抜いて置いてください。

・再始動時は、ろ過槽に水(呼び水)が必要です。それぞれの機種に準じた呼び水を実施し再始動を実施してください。

(取扱い説明書を参照ください)

 ※長時間(3時間以上)の停電の際は、フィルター内の水を抜くことでろ過バクテリアの酸欠によるダメージが少なくて済みます。

(短時間の停電や電源復帰後にフィルターを作動させることができない場合はこの限りではありません。)

また、長時間フィルターが停止している場合は魚への給餌はしないでください。

フィルター停止中に給餌すると、排泄物などが溜まり水質が悪化してしまい、魚にダメージを与えてしまう場合があります。

なお、長時間フィルターが停止した際、テトラ O2ウォーターを使用すると水槽内の酸素不足を補うことが出来ます。

 

●観賞魚用照明器具について

地震が発生した際、傾いて水没する場合があります。

照明器具が水没してしまった場合、直ちに差し込みプラグをコンセントから抜いて、水から取り出してください。

一度水没した照明は二次使用は避けてください。(外側から見えない基盤の腐食による点灯不良が発生する恐れがあります)

製品情報検索

観賞魚と飼育の情報

製品情報

サポート情報

キャンペーン

aqua公式Facebookページ