• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報
 

Dr.テトラのミニコラム

製品情報検索

2014年 01月 24日
みなさまこんにちは!Dr.テトラじゃよ♪

寒いのぅ・・・・真冬でも観賞魚たちは暖かな水槽の中で過ごしているのじゃなぁ・・うらやましいのう・・・・

みなさまはご自宅の水槽にヒーターを使用しておられることと思うが、調子はどうじゃ?
水槽内でお魚達の為に、日々動き続ける働き者のヒーターであるが、実は消耗品なのじゃ!
1年間使用したら、お取替えなのじゃよ・・!

もし1年以上ご使用とあらば、今すぐお買い替えをお勧めするぞ~!
寒い季節に万が一故障でもしたら大変じゃ!
ヒーターをお買い替えの際は、最新の安全基準に適合した、難燃性のカバー付きヒーターがお勧めじゃ!
愛するお魚達の為には、早めの交換が安心じゃよ♪


本日はDr.テトラが、ヒーターの正しい使用方法もアドバイスするのじゃ♪
まずは水槽にあったワット数のヒーターを選ぶところからじゃな♪
ヒーターには使用水槽サイズが決まっておるのじゃが、大きな水槽にワット数の小さなヒーターを使用してもパワー不足で温度が上がらないのじゃ~。
ワット数目安jpg.bmp
いかがかな?ご自宅の水槽に合うワット数のヒーターは上の図の通りじゃ♪


下の図は正しいヒーターのセット方法である!
ヒーターセット位置2jpg.bmp
冬場は乾燥しており、水位が下がりやすいのじゃ!水槽の下のほうにセットするのじゃよ♪

それとじゃ!差し込みプラグにたわみを持たせておくと、万が一水がつたわっても、コンセントに水が行くことを防いでくれるじゃろう。

ヒーターセット位置jpg.bmp
上の図の×印は悪い例じゃ!ヒーターを砂の中に埋めてしまうと、きちんと水温を上げることができないのじゃ・・・
縦にセットしてしまうと、感熱センサー部に熱気が伝わり、温度を上げる前にヒーターが作動をやめてしまうこともあるのじゃよ~!

上の図右側の丸印をご覧下され!水の循環があると、水槽内隅々まで暖か~くすることができるのじゃ♪


みなさまも正しいヒーター使用方法で、冬場の観賞魚飼育を楽しんでみてはいかがかな♪
これからもDr.テトラの講義をお楽しみに!

観賞魚と飼育の情報

製品情報

サポート情報

キャンペーン

aqua公式Facebookページ