• スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社
  • 観賞魚製品関連情報
  • コンパニオンアニマル製品関連情報
 

金魚の「繁殖」

製品情報検索

金魚特集 金魚が一番!! 金魚飼育を始めよう。楽しもう。

金魚図鑑ボタン

金魚の「繁殖」金魚の繁殖にチャレンジする!

金魚は一般のご家庭でも殖やすことができます。飼育に慣れてきたらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただし、水かえの直後、その刺激によりメスだけで産卵してしまった場合、無精卵は急速に飼育水を悪くしてしまいますのですみやかに水かえ用ホースなどで除去しましょう。産卵期を迎えた金魚の特徴として、オスはエラや胸ビレに白い点(追い星)が見られます。メスはお尻に小さな突起が出ているでしょう。

何匹ものオスがメスを追いかける

産卵の条件が揃うのは、春、3月~5月頃!

産卵用の水槽を用意する

産卵の条件が揃うのは、春、3月~5月頃になります。
飼育水槽とは別に産卵用の水槽を用意してください。産卵用の水槽には「テトラ 金魚の水つくり」などで中和した水を張り、底砂は敷かずエアーポンプ「テトラ エアーポンプ OX」「テトラ エアーストーン」などで弱めにエアレーションをかけます。

水草を用意する

そして産卵用水槽にオスとメスを1匹ずつ、卵を産み付ける場所として「ホテイアオイ」や「カボンバ」などの水草を入れます。このタイミングは夕方がベストで、順調にいけば翌日の早朝には卵が見られるでしょう。
※画像は産卵用の植物に生み付けられた卵

卵をふ化させるポイント

産卵後、親魚は飼育水槽に戻し、卵だけにします。
産卵で濁った水はすぐに悪化するため、水かえをしてください。
ふ化用の容器の水深は15~20cmくらいで良いでしょう。
金魚は沢山の卵を産み、すべての卵をふ化、育成するのは難しいため100~200個くらいだけ残すことがポイントです。
※画像はふ化したばかりの稚魚

ふ化したあとは

受精卵は水温20~25℃で7日前後でふ化します。
ふ化したての稚魚は数日壁面などに付いていて、その後、遊泳しはじめます。その時から給餌が必要になります。初期の餌は「テトラ ブラインシュリンプエッグス」のふ化させた幼生や「テトラフィン ベビー」などを与えます。
※画像はブラインシュリンプの幼生を食べる稚魚

水質調整材
テトラ 金魚の水つくり

水道水に含まれる金魚に有害なカルキ(塩素)や重金属(銅・鉛・カドミウム)を素早く中和。無害で金魚に安全な水をつくります

金魚の安全な水つくり 淡水用

100ml / 250ml / 500ml / 1000ml

エアーポンプ
テトラ エアーポンプ OXシリーズ

場所をとらないコンパクトサイズ

OX-30 / OX-45 / OX-60 / OX-75

テトラ エアーポンプ OXシリーズ
テトラ エアーストーン

水槽に空気を送り込む事でろ過バクテリアの繁殖が促進されて水がきれいに!

Sサイズ(2個入) / Mサイズ / Lサイズ /

テトラ エアーストーン
人工水草
テトラ カラープラント

観賞用人工水草

テトラ フレキシブルプラント

観賞用人工水草

稚魚用フード
テトラ ブラインシュリンプエッグス

すべての熱帯魚、金魚の稚魚の主食(ふ化をさせて与える卵)

テトラ フィンベビー

金魚とメダカの稚魚用フレックタイプフード

テトラ プランクトン

小型熱帯魚、金魚の主食! 優れた嗜好性と消化吸収で食べ残しやフンが減ります。

観賞魚と飼育の情報

製品情報

サポート情報

キャンペーン

aqua公式Facebookページ